カードローン 返せないときに取るべき対策

カードローンで多額の借金を作ったものの返せなくなってしまった。そんな時にすべきこととは。

借金地獄に苦しんでいました

time 2018/05/31

以前、借金地獄に陥り、総額で300万円もの借金を負ったことがあります。

なぜキャッシングを利用しはじめたかと言うと、会社が倒産し、無職になってしまっ立ためです。不況の時でしたから、再就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)も失敗し、貯金を切り崩すのも限界になって、キャッシングのお金でなんとか生活していました。その後、しばらくして無事に再就職(せっかく苦労の末に入社が決まっても、すぐに辞めてしまう新社会人も少なくないんだとか)しましたが、給与だけでは毎月の返済が払いきれず、結果的に債務整理で借金を処分しました。

現在は借りたお金とは無縁の生活を送れています。借金を整理する術として債務整理があるワケですが、その中でも方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)がひとつではなく複数あります。元金は払えるので延滞損害金や利息のカットだけを希望するのか、それとも元金の減額が必要なのか、そもそも金額は関係なしに支払い自体つづける事が不可能なのか。どんな状況なのかによって妥当な方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)も違ってきます。

単独で手続きすることもできなくはありませんが、もし不安材料がそれなりにあるのなら弁護士や司法書士がプロですから相談した方がいいでしょう。

多重債務者の強い味方になる債務整理ですが、デメリットも抱えています。
その一つが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

要するに、長期間、ローンを組んだり借り入れすることが難しくなるでしょう。
具体的な期間についてですが、どの債務整理の方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)を選んだかでブラックリストに載っている期間が5年から10年と異なり、一律ではありません。任意整理を依頼する費用の相場って何円位なんだろうと思ってネット環境を使って調べてみた経験があります。自分にはあまたの借金があって任意整理を試みたいと思ったからです。 任意整理にかかるお金には幅があって、話をもっていく所によってまちまちであるという事がわかりました。借金の整理を経験した情報は、一定の期間残ります。 この情報が残ったいる期間は、新たに借入をすることができません。
情報は年数が経てば消えることになっていますが、それまでは誰もかれもが見ることが可能な状態で保持されています。

借金の整理をしたいけれど現在使っているクレジットカードが無くなっては困るという人は、任意整理という方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)で債務整理を行うことにすれば引き続き持っていられる可能性もあります。 任意整理では債権者を選り抜いて整理できるので、もちつづけたいカード会社とは任意整理を行わず、それ以外とだけ行なえば、カードは残ったままです。 けれども、信用情報には任意整理を行うことで事故記録が残りますので、それによってカードの更新の際に利用停止となる見込みが高いでしょう。
多彩な債務を整理の方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)の中でも、他とは異なり自己破産はお金の借入が全く残らない方法(あれこれと議論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繰り返す方がいいこともあります)であり、とても強力です。

しかし、誰であっても申立をすればできるとは限らず、必ず裁判所による免責許可が出ないとできません。

申立をしてから免責の可否が通達されるまでの免責期間は、当人が財産を持っているか否かでちがいます。無い人には3ヶ月くらいで決定が下りるのですが、有る場合では管財事件として財産を債権者たちに分配していくので、場合によっては1年もかかります。

堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたらしごと先に確実に連絡がいくと考えている人は意外と多いものです。

しかしそれはミスです。

自己破産はダメですが、任意整理や個人再生なら、当事者が黙っているうちは勤務先に連絡がいくことはないので、わかりません。しかし公務員ならではの共済組合などでも借入が残っていたりすると、そこから上に知られることはあります。 借金返済できない