カードローン 返せないときに取るべき対策

カードローンで多額の借金を作ったものの返せなくなってしまった。そんな時にすべきこととは。

キャッシングによる多重債務と詐欺について

time 2016/02/17

キャッシングのしすぎで多重債務に陥った人を騙して、お金を巻き上げようとする人がいます。
収入の範囲内でなかなか返済ができなくなって、にっちもさっちもいかなくなっている人に声をかけ、手助けするふりをしてお金を取り上げようとします。 多くの多重債務者が、明日の返済に頭を悩ませるあまり、何かいい方法があればどんなものにでも飛びつきたいという精神状態になっています。 多額の融資を抱えて立ち往生している人に、返済を簡単にするために、大口のキャッシングを利用して返済を1カ所にまとめないかと話を持ちかけます。 現在よりも低い金利での融資をするので、そのお金で、今借りているキャッシングは全て返済してしまえばいいという言い方をします。 業者を装う人達の中には、多重債務の名簿を手元に持っていて、詐欺に引っかかりやすそうな多重債務者に片端から電話をかけていたりします。 業者によっては、ファックスやダイレクトメールを使い、大手のキャッシング会社のふりをしたりもします。
信憑性のある話にするため、有名どころの会社が資本を出している信頼性のある会社であるというアピールをしてきたりもします。
返済の実績がある人なら、この先のキャッシングの審査には通りやすくなるという言い回しをすることもあります。
新しいキャッシングをしてもらい、他社の返済のためにそのお金を郵送するよう言ってきます。
お金を送ってしまえば、それからは、どれだけ電話をかけても相手とつながらなくなります。
多重債務を完済するあてが、一層見えなくなってしまいます。
現状から脱却するために行ったことであるはずなのに、結果的に返済しなければならないお金がふえています。
精神的に追い詰められている時ほど、人は騙されやすくなります。
多情債務に陥った人は、くれぐれも騙されないようにしましょう。